So-net無料ブログ作成
検索選択
爆報!THEフライデー ブログトップ

寺田理恵子の夫・関本雅一が急死の真相を爆報!THEフライデーで激白!壮絶な過去が判明 [爆報!THEフライデー]

元フジテレビアナウンサー寺田理恵子爆報!THEフライデーにゲストで出演。

急死した夫・関本雅一との壮絶だった過去をテレビで初めて語るようです。

番組ではそんな壮絶だった人生を救った大御所芸能人が紹介される。

いったい寺田理恵子にどんな過去があったのか?

詳しく調べてみた。






スポンサードサイト





寺田理恵子といえば、“ひょうきんアナ”を思い浮かべる方も多いはず。

大学卒業後の1984年、フジテレビにアナウンサーとして入社。

翌年には『オレたちひょうきん族』の名物コーナー『ひょうきんベストテン』のサブ司会者に大抜擢。

愛嬌のあるルックスに明るい性格がお茶の間にうけ、バラエティ番組に引っ張りだこの人気アナでした。

1989年に結婚し、フジテレビを寿退社した。

長女を出産し、結婚後はアナウンサー業を引退し専業主婦となり、夫の関本さんを支えた。

しかし、幸せとばかり思われた生活も受難は続きだった。

結婚した翌年に、関本が広告費3億円余りを水増し請求したことが発覚。

勤務先の大手広告代理店を解雇された。

その後、IT関連企業など数社を設立したが、会社の経営は思うようにいかなかった。

さらに経営資金を工面するため、世田谷の約50坪の敷地に建つ3階建ての豪邸を担保に入れる。

だが経営状態は好転せず、金融会社から借金返済を求められて訴えられてしまう。

裁判で債務額は6500万円と明かされた。

しかも、この裁判で寺田理恵子も被告となっていた。

借金で自宅を差し押さえられないようにと、所有権を関本から寺田理恵子に意図的に移したことが発覚。

結局、判決は関本夫妻の敗訴で、原告に計500万円を支払うことで和解した。








スポンサードサイト





さらに借金生活が続く中、関本はまたもや事件を起こすことに。

かつて経営していた人材派遣会社から約5600万円を不正に着服。

業務上横領容疑で逮捕される。

その後は不起訴となり釈放されるも、事態は好転せず。

借金も膨らむも、何とか立て直そうと別の事業を始めたりもした。

韓国の芸能事務所の日本支社長なども務めていた。

そして、突然倒れ、すぐ病院に運ばれた数日後に帰らぬ人になった。

大動脈瘤破裂と診断された。


関本の知人の証言では、まだ相当な借金があったことを打ち明けている。

なんとかきちんと整理しようと頑張っていたんですが、その矢先に亡くなってしまったようだ。


関本が亡くなったことで妻である寺田理恵子が肩代わりしたようですね。



そんな壮絶な人生を救ってくれた大御所芸能人とは一体誰なのでしょうね。

番組が気になる方は25日放映で確認してくださいませ。

※放送後には記入します。





スポンサードサイト














コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船場吉兆 ささやき女将が爆報!THEフライデーに登場で現在が明らかに! [爆報!THEフライデー]

2008年、食品偽装事件で廃業した老舗高級料亭「船場吉兆」。

老舗料亭が起こした不祥事の謝罪会見で、女将が見せたささやく姿が当時話題に。

その「船場吉兆」の湯木佐知子女将現在について、が爆報!THEフライデーで明らかに。

「ささやき女将」と揶揄され、その年の流行語大賞にもノミネートされるなど。

事件発覚後から8年。

湯木佐知子女将は壮絶な人生を歩んでいた。






スポンサードサイト





船場吉兆は、大阪市中央区南船場にあった老舗高級料亭。

2007年に産地偽装や食品使い回し、賞味期限切れなどの問題が発覚。

その年の12月に謝罪会見が当時話題になった。

会見では経営に携わっていた女将の長男が報道陣に対応。

しかし緊張から長男が質問に返答できなくなった。

すると隣に座っていた女将の湯木佐知子が下を向きながら小さな声でささやき始めた。

ところが「頭が真っ白になっていた」などと長男にささやいたはずの返答内容がそのままマイクに拾われる始末。

繰り返すように長男が返答している情けない姿以上に、気付かないように必死にささやく姿がなんとも言えない光景だった。

そんなことから、“ささやき女将”と揶揄された。


結局、偽装表示などで信用を失ったことで、2008年5月に8億円の負債を抱えて廃業。

女将自身もその年の10月自己破産

自宅も差し押さえられた。


番組では当時の船場吉兆店長で次男の尚二さんが、北新地で日本料理店を経営している突き止める

そして、事件以降初めて、カメラの前で当時の真相を語り始めるという内容だ。

あの時一体、何があったのか?

なぜ、高級老舗料亭であるにもかかわらず偽装を行ったのか?

そして、ささやき女将は何をしているのか?

など、8年の時を経て、明らかにされる。







スポンサードサイト





当時の吉兆は、決して業績が悪かったわけではなかったようです。

むしろ料亭の経営だけでなく、有名百貨店で「吉兆ブランド」の商品も手掛けていたことから「好調」でした。

しかし、なぜ「料理の使い回し」などの問題を起こしてしまったのか?

船場吉兆店長で次男の尚二さんは、事業拡大をしたことで、ひとつひとつの現場に目が届かなくなっていたことが原因と語っている。

さらに使い回しや偽装が発覚した際、正直に世間に公表スべきか家族の間で意見が割れたようです。

そうやって身内でゴタゴタしているうちに、内部事情が世間に広がってしまった。

なかには事実無根の報道もあったようだが、しっかりと事実を伝え、謝罪を意味合いで会見を開いたことようです。

ところが、女将の「ささやき」が思わぬ注目が集まってしまった。

長男は職人気質で、あまり多くを語らない人だったようです。

あれだけの報道陣が集まる中、緊張してしまい、言葉が詰まった。

そこで、女将である母が兄を心配して助言をしたつもりだったと打ち明けた。

その後、長男は女将に激怒したという。

心配を他所になんとかしようとした女将の対応が、結果的に仇になったしまったわけです。

なんだかそう考える女将さんは責任を果たすべくじっと耐えていたようですね。


その女将さんの現在ですが・・

ここからはネタバレになるので多くは語りません。


番組でご確認下さい。







スポンサードサイト






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
爆報!THEフライデー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。