So-net無料ブログ作成
検索選択
G球団野球賭博問題 ブログトップ

ヤンキーっぽい笠原将生だが、福田聡志の野球賭博を断っていた!その真相は? [G球団野球賭博問題]

巨人の福田聡志投手(32)が、野球の賭博行為に関与した疑いが報じられていますね。

今年のセ・リーグは混戦で例年にない盛り上がりを見せていただけに、とても残念な報道です。

「球界の紳士」などと誇っていた巨人は、もう存在しませんね。

一場選手の裏金問題や原監督の元暴力団関係者から1億円恐喝など。

球団の責任の取り方に有耶無耶だったことのツケがきちんと回ってきたわけですね。

さらに野球賭博のAさんを紹介したことによって、謹慎処分となってしまった笠原将生投手。

ヤンキーっぽいなどと言われている笠原将生ですが、野球賭博についてはまったくの「シロ」で断ったといたようですね。

単なる早とちりだったのでしょうか。

その真相について考察してみました。





スポンサードサイト




福田聡志に野球賭博A氏紹介するも笠原将生は断っていた?? 球界全体が震撼する事態にもなりかねない今回の野球賭博問題。 まずは、経緯について簡単に触れたいと思う。 報道によれば、福田聡志選手は今年8月、知人の税理士法人勤務を名乗る男性A氏から誘いを受け、夏の甲子園の複数の試合の勝敗で賭けを行った。 負けが膨らみ「プロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、その後、プロ野球とメジャーリーグも対象に賭けを続けた。 9月上旬まで、プロ野球とメジャーの試合にそれぞれ約10試合賭けた。中には、巨人戦も3~4試合含まれていたという。 福田聡志選手は現金の授受こそ行っていなかったようだが、最終的に百数十万円の損を抱えた。 A氏とは連絡を絶とうとしたが、9月30日にA氏がG球場を突如訪問。 「福田選手に貸してあるお金を返してもらいに来た」と話し、問題が発覚した。 球団は即座に弁護士に調査を依頼。 A氏はもともと笠原将生選手の友人の知り合いだった。 福田選手は昨年、笠原選手から紹介された。 調査では反社会勢力との関わりはなく、賭けも2人だけの間だったとされる。 そこで笠原選手も誘いを受けていたが、断っていた。 福田選手は今季1軍登板がなく、八百長行為はなかったと調べでわかった。 しかし、球団は野球協約に抵触している疑いが強いとしてコミッショナーに告発することを決めたというわけだ。
スポンサードサイト

笠原選手の今後の処分は?

笠原選手は、福田選手とともに5日付で謹慎処分になっている。 A氏が野球賭博常習者と認められれば協約違反となる可能性があり、笠原選手に重い処分が下されるようです。 久保球団社長は、2人の解雇も「十分あり得る」と厳しい態度を明確にしている。 さらに、福田選手は刑法の賭博罪に当たる疑いもあるため、警察への届け出も検討されている。 また、コミッショナーによると、現状では福田の行為は「(協約の)177条ないし180条の有害行為に該当する可能性がある」と明言。 八百長行為とみなされる177条違反の場合は「永久失格処分」で、賭博行為などを禁止する180条は「1年間または無期の失格処分」。 現状ではどちらに該当するか明言はしなかったが「177条は非常に重い。いずれに該当するか慎重に検討する」と話している。 オコエ選手や清宮選手といった次世代のスーパースターが盛り上がりを見せた甲子園。 東京オリンピック種目で「野球」が復活。 そして、プロ野球はCS、日本シリーズと一番盛り上がる時期。 問題はおろか、このタイミングでの報道は極めて許しがたい。 これらすべての責任を最終的に誰が追うのでしょうか。 あえて問いたい。 その方も永久追放したほうが良さそうだ。
スポンサードサイト
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
G球団野球賭博問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。