So-net無料ブログ作成
検索選択
アナザースカイ ブログトップ

吉田羊アナザースカイ出演 台湾でマネージャーとリアル喧嘩が勃発! [アナザースカイ]

遅咲き女優吉田羊が7月31日放送のアナザースカイに出演。

舞台女優からの30代に女優に転身した吉田羊だが、そのきっかけはマネージャーとの運命的出会いだったことは度々語られている。

そのマネジャーと撮影先の台湾でリアル喧嘩が勃発?

いったい二人の間に何があったのでしょうか?

調べてみました。





スポンサードサイト




吉田羊が度々語る「Yマネ」とは?



吉田羊がバラエティ番組などの出演すると、よくYマネ(マネージャー)のことを話します。

ある番組でも放送されていますが、吉田羊が舞台女優から女優に転身したきっかけはYマネのスカウトでした。

吉田が出演していた舞台にたまたま観ていたYマネが「映像をやりませんか」とスカウト。
これを機にYマネも大手事務所を辞め、個人事務所「ORANK(オランク)」を設立。

事務所所属のタレント吉田羊だけで、Yマネと二人三脚で映像作品を中心とした活動へ進出したようだ。

転機になったのは、NHK連続テレビ小説に看護師役として出演したのがきっかけのようだ。

吉田羊を、たまたまテレビを見ていた中井貴一の目に留まり、「この女優は誰?」と朝ドラのチーフプロデューサーへ電話で問い合わせる。

中井貴一が出演したドラマ「風のガーデン」に、既にキャスティングが完了していたにも関わらず端役ながら新たな役を作って同作品に起用した。

さらに、中井は自ら出演する三谷幸喜作・演出の二人芝居『グッドナイト スリイプタイト』へ吉田羊を招待。

実年齢にとらわれることなく幅広い年齢の役柄が演じられる才能が開花し、NHK大河ドラ「『江ー姫たちの戦国』『平清盛 』に2年連続で出演を果たした。

その後の活躍は周知のとおりです。

名俳優、名監督の目に留めた吉田羊の才能や魅力もさることながら、その才能に惚れ込みすべてを賭けたYマネの眼力と度胸も素晴らしいですね。

そんなYマネとのガチ喧嘩。

Yマネのブログで確認すると、「アナザ-スカイ」とそのままのタイトルの記事がありました。

アナザ-スカイ羊in台湾」から始まり、「これ放送していいのか?Yマネとの喧嘩・・まっマジか!!」とつづっていました。

吉田羊も、「マネージャーとはいつも喧嘩ばっかり」と言っていますが、おそらく「言いたい事を言い合える関係」を伝えたいのではないでしょうか。

気になる方はぜひ、放送をご覧ください。





スポンサードサイト




吉田羊の「羊」って何だ?年齢は?その魅力は?


始めて吉田羊の名前を知った時に、誰もが「よう」「ひつじ」と疑問を感じたと思います。

名前は本名の羊右子(ようこ)の「羊」から取っているようです。
愛称も「ひつじ」でそのままです。

年齢はWikiで調べる限りでは「不詳」でしたが、1974年の2月3日で41歳のようです。

ちなみに年齢をあまり明かさないのは、幅広い年齢の演技をするためイメージを崩したくないのが理由のようです。

吉田羊は現在、CMにも6本出演している。

ポカリスエットのCMでは、鈴木梨央の母親役で「キャンディーズダンス」を踊ったり、花王「ハミングファイン」では恋人を待ち焦がれる女性を演じている。

CMを起用している関係者からも「どのような役柄でも演じきる実力と、知的で男女ともに好感が持てる」と理由を語っている。


メディア吉田羊のことを見ない日がないのは、こうした理由のようですね。



スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
アナザースカイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。