So-net無料ブログ作成
アミロイドーシスとは? ブログトップ

上田昭夫氏の病名のアミロイドーシスは診断が困難な難病だった! [アミロイドーシスとは?]

元ラグビー日本代表、慶大監督で、フジテレビでキャスターも務めた上田昭夫さんが死去されたと報じられました。

上田昭夫さんのオフィシャルブログで家族の方からの報告のようです。

上田昭夫さんの家族によると、以前からアミロイドーシスの療養中だったが、23日午前7時頃に亡くなったという。

以前から難病を患っていると報じられていましたが、今回の報道でアミロイドーシスよいう病名を初めて耳にする方も多いと思います。

発症すると手足の感覚が鈍り、寝たきりになって10年あまりで死亡すると言われているアミロイドーシス

詳しく調べて見ました。





スポンサードサイト




アミロイドーシスとは?


アミロイドーシスは特徴的な症状に乏しいため、診断が困難です。

さらに、発病はアミロイド蛋白が原因だが,そのしくみは不明のようです。

そのことからアミロイドーシスは、特定疾患難病)になります。

アミロイドと呼ばれる、水に溶けない異常たんぱく質がさまざまな臓器や神経に沈着し、機能障害を起こします。

続発性アミロイドーシス遺伝性アミロイドーシスに大別され、上田昭夫さんは年齢からおそらく「続発性アミロイドーシス」と考えらます。

尚、遺伝性アミロイドーシスは熊本県と長野県に患者さんが多くみられる地域があり、親から子どもに50%の確率で病気が伝わり、20代後半から40代前半に発症します。

アミロイドーシスは、手足のしびれ、麻痺といった多発神経炎症状、高度な立ちくらみ、食欲不振、排尿障害などの自律神経症状が現れます。

とくに、数日の周期で激しい便秘と下痢が繰り返し起こるようです。

進行すると舌、甲状腺、肝臓などが硬くはれ、また心臓ならびに腎臓の機能が低下します。

最終的には全身衰弱を起こします。

予後は極めて悪く、多くの患者は発病後数年で死亡します。


上田昭夫さんはラグビーで活躍し、その後キャスターとしても多忙で充実した日々を送っていた。

突如、原因不明の不治の病で冒され、病床で日々を過ごしていたことを考えると本当に不憫でなりません。


今回の報告は家族の方がブログでお伝えしたと報道されています。

おそらく、上田昭夫を心配されていたファンの方へ最初にお伝えしたかったのだと思います。





スポンサードサイト






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
アミロイドーシスとは? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。