So-net無料ブログ作成
検索選択
カンブリア宮殿 ブログトップ

プレコフーズの評判がブラック企業?高波幸夫社長がカンブリア宮殿に出演  [カンブリア宮殿]

テレビ東京のカンブリア宮殿に、プレコフーズが登場します。

肉・野菜の卸業で急成長を成し遂げ、「新鮮食材のスペシャリスト」の自負する企業です。

そんな急成長した企業について、番組では社長高波幸夫氏を交えて紹介するようです。

しかし、ネットで評判が「ブラック企業」とキーワードで検索されているようですが・・

おそらく、急成長の裏側に過酷と言える苦労があったことが推測できますね。

そんなプレコフーズについて、詳しく調べてみました。






スポンサードサイト




「町の肉屋さん」から年商100億円に登り詰めた要因は?


プレコフーズのHPを覗いてみると、最初に目につくのが「1000円からの届ける小口納品」だ。

個人経営の飲食店にターゲットを絞り込み、急成長を成し遂げた要因はこの「小口納品」のようだ。

一見、無謀とも言える取り組みだが、個人経営の飲食店からすればこれ以上にないサービスではないでしょうか。

さらに食品の卸しだけに飽きたらず、焼き鳥店などの肉切りや串刺しなどの代行までこなしている言う。

食材の調達から仕込みの代行まで手掛けるのだから、「食材のスペシャリスト」を自負するのも充分頷けますね。

大手企業では絶対に真似のできない取り組みだからこそ、ほぼ独占的に市場を開拓したといってもいい。

そもそもこのプレコフーズだが、高波幸夫氏の父親が経営してい鳥利商店という、いわゆる「町の肉屋さん」から始まっている。

父親の会社に入社し、その後に二代目として高波幸夫氏が社長に就任。

社員6人の年商1億円ぐらいの規模の会社が、今では年商が100億円までに成長。
高波幸夫氏の経営手腕による功績は大きいですね、

地道に取引先を開拓していった成果なだけに、現場の取り組みは過酷だったようですね。

そんなところで、ついていけなかった社員が「ブラック企業」などと吹聴したのかもしれませんね。

数字や「小口納品」などの取り組みを知るだけでも、「ブラック企業」とは縁遠い程の「優良企業」との評判のようですね。






スポンサードサイト




気になる社長の年収は?


年商100億円までに急成長を果たし、今も尚業績を伸ばしているプレコフーズ。

やはり、社長の高波幸夫氏の年収は気になるところですね。

テレビ出演で年収についての答えてくれる・・わけないですよね。

プレコフーズは、プレコホールディングスなどのグループ経営で、高波氏は少なくとも5つの会社の代表のようです。

各社から報酬が仮に年収1000万と考えると、5000万以上ではないでしょうか。

とはいえ、これだけの実績を作っているわけですから、少ないくらいだと思います。

高波幸夫氏のプライベートな情報はあまりネットでは見受けられなかったので、番組で紹介してくれることを期待したいですね。







スポンサードサイト



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。