So-net無料ブログ作成
検索選択
フジテレビ 捏造 やらせ疑惑 ブログトップ

フジテレビ 捏造 またか過去最悪は発掘あるある大辞典!放送打ち切り! [フジテレビ 捏造 やらせ疑惑]

フジテレビがまた捏造ねつぞう)報道を行ったようですね。

「池上彰 緊急スペシャル!」で、インタビュー映像の字幕・日本語吹き替えナレーションが、実際に話している内容と異なる誤りがあったと謝罪している。

今回も、「編集作業でのミス」などと言っているみたいですが、ここでも捏造?ですかね。

フジテレビ捏造(ねつぞう)は今に始まったことではないが、一番酷かったのは「発掘!あるある大辞典捏造事件ですね。

そんなわけで、フジテレビの捏造あるある発掘?したいと思います。


スポンサードサイト





「発掘!あるある大事典」捏造(ねつぞう)事件


発掘!あるある大辞典は、1996年10月にスタートし、2007年1月まで続いた超人気番組でした。

正確には関西テレビを制作局として、フジテレビ系列で毎週日曜日の21時に放送されていた。

健康・からだ・レジャー・脳と心・美容・食・暮らし」などをテーマに生活情報の提供。

特に、「健康・からだ・食」のテーマが多く、「○○の食材が痩せる!」などと放映すれば、翌日にはその食材が飛ぶように売れるという現象が定着するほどだった。

そんな社会現象を起こすほどの番組だが、とにかく「捏造」の放送が多かった。

とくに、番組のテーマに対する証言などの「データ」の捏造や改ざんは度々注意されていた。

当時の対応といえば、捏造で指摘された放送も番組内での訂正に留める程度で言わば好き放題でした。

そんな中、事件が起きました。

2007年1月の放送では、番組の根幹部分が捏造されていた放送を行った。

これがきっかけで番組は打ち切り、強制終了するわけだが。

その内容は「納豆を食べるとやせられる」とする内容で、放送終了後は納豆の売り上げが急増するなどの反響を呼んだ。

ところが、納豆にダイエット効果があると証言していたはずの米国の大学教授のコメントや実験データなどが捏造であったことが判明。

この放送での「やらせ疑惑」で、過去の放送での捏造や改ざんがクローズアップされるなど、世間からあらゆる方面からバッシングを受けることになる。

「捏造データの裏付けに自分の話が利用され驚いている」とある教授から抗議もあった。

結局、番組は打ち切られ、関西テレビ社長は辞任に追い込まれた。

関西テレビはこの事件により、フジネットワーク(FNS)の会員資格停止は免れたものの、日本民間放送連盟(民放連)からは2007年4月に除名処分を受けている。

しかしその後、フジテレビ制作の北京オリンピック中継が関西地区で見られなくなる事態を回避するため、民放連は2008年4月に条件付き再入会を認める。

さらに同年10月には正式に復帰。

ほとぼりが冷めたところで、ちゃっかり復帰しているわけだ。

なお、関西テレビは2007年後半頃から「あるある」のコンセプトを引き継ぐ形で関西ローカルの健康・情報系番組をてスペシャル番組「S-コンセプト」として断続的に放送。

その後、いくつかの番組名に変えて、現在は「発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!」が編成されることになり事実上復活となった。



スポンサードサイト





捏造・やらせがなくならない理由


この一件で政府は「捏造放送」への行政処分を強める放送法改正案を国会に提出した。

ところが、これに対してNHKと民放連はBPO(放送倫理・番組向上機構)の中に強い権限を持つ「放送倫理検証委員会」を新たに設け、政治介入を招かないための自律路線を明確にしている。

この一連でわかるように、BPO「放送倫理検証委員会」とは、捏造や改ざん、やらせなどを検証するというのは建前であって、政府に介入させないための防衛策とも見れますね。

この体制ではメディアの都合のよい「報道の自由」が許されるのも当然と言えるでしょうね。


「いやなら見なければいいのに」のナイナイ岡村の発言が、「嫌なら見るな!」ってネットで捏造されちゃった過去もありますが・・


可愛いもんだ。



スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
フジテレビ 捏造 やらせ疑惑 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。