So-net無料ブログ作成
韓国MERS情報 ブログトップ

京都府立大グループ ダチョウの卵からMERS抗体を大量精製に成功! [韓国MERS情報]

京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループが、ダチョウの卵を使ってMERS抗体を大量精製することに成功。

韓国MERS感染が拡大し、手の打ち所がないほど深刻な状況だけに期待は高まる。

また、日本でもMERS感染者の入国が確認されており、感染拡大の心配の声があがっていた。

MERS抗体はすでに大量生産しており、医療従事者や韓国と日本の空港への配布を検討中。

MERS感染の抑制、終息につながるでしょうか。


スポンサードサイト





アメリカのバイオベンチャー会社と共同開発!


これまで韓国でMERS感染が絶望的な状況だけに、MERS抗体が開発された成果はとてつもなく大きい。

さらに日本で開発され仮に問題が解決されれば各国の信頼はよりいっそう高まりそうですね。

塚本康浩教授は平成20年にダチョウの卵から大量の抗体を取り出す技術を開発している。

ダチョウは傷の治りが極めて早く、その免疫力に着目。

抗体を作る能力も高いことを突き止めたことから、MERSにも効果があることの立証している。

そもそもきっかけは昨年で、エボラウイルスに結合するダチョウ抗体も作製したことだという。

これに注目したアメリカのバイオベンチャー会社と共同でMERS対策を進め、現在は精製した抗体の効果や副作用などを検証していた。

アメリカとの共同で進めていたことにも大きな意義がありますね。

何せ相手が韓国ですから。

「MERS抗体の起源は・・」などと言えなくなりますからね


現状では治療薬として認可されていないため人体へ直接投与することはできないようです。

抗体を使ったスプレー剤はマスクやドアノブ、手などに噴射すれば感染予防で使用されるようだ。

何にせよ、MERS感染が拡大し深刻な問題だっただけに、MERS撲滅につながることを期待したいですね。

スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MERS感染の日本人 自宅隔離対象が家族と帰国!感染の人数は? [韓国MERS情報]

韓国MERS(マーズ)感染、自宅隔離の対象になっている日本人が、すでに帰国していると報じられた。

韓国の保健福祉省の報告で、感染者と接触した可能性のある外国人20~30人が自宅隔離の対象になっていて、その中に日本人が含まれていたことが明らかになった。

日本人感染者の具体的な人数は報じられていないようだ。

感染が疑われている日本人家族とともに帰国していることで判明しており、感染の拡大の可能性もあるため、取り急ぎ身元を調べているようです。

MERS日本国内での感染が現実味を帯びてきている。



スポンサードサイト






日本政府ではMERS感染対策を万全に取り組んでいると報じているが、渡航の自粛を促しているわけではない。

先日、ソウルで行われた東方神起コンサートも感染の可能性があるにも関わらず、多くの日本人ファンが韓国を訪れている。

多くの日本人が訪韓しているが、およその人数すら報道されていない。

その報道については、メディアを通して注意を促したものの、その後の経過はまったく報道されていないのが現状だ。

今のところは感染の報道はされていないが、油断をすればたちまち感染の可能性が広がるだけに、その後どのように対処したか知らせるべきではないでしょうか。

現に韓国ではソウルからさらに拡がり、釜山もMERSが感染、すでに死者も出ている。

さらに釜山日本人学校付近でも感染者が出ていることで休校になっている報道もある。
気になるのは釜山で死者があったことが報道されてから、2日もたたない内に感染が拡がったという報告です。

韓国国内ですら、このような有様である以上、日本も油断をしていればたちまち感染の拡がる可能性があるわけだ。


スポンサードサイト





今回のMERS感染が韓国政府の初動ミスから拡がっていることで、日本政府はそのようなミスを犯さないと妙な安心感もあるように思えてならない。

未だ韓国ではMERS感染が拡がりを見せ、さらに死者が増え続けるのが現状で、回復の目途すらままらない。
日本の医療機関や設備を比べたところで、まったく安心はできない。
むしろその点が盲点であり、最大の不安です。

相手はまぎれもなくウイルスである。

インフルエンザのように、一旦拡がれば医療機関は対応に追われるわけである。
効果的なワクチンや治療薬が開発されているわけではない。
未だ解明されていないのが、MERSコロナウイルスなのだ。

年配者に感染すれば、確実に死につながります。

何もそこまでと思われると思いますが、万全な対策は常に最悪の状況を想定して、はじめて「万全」である。

今はMERS感染日本国内に拡がらないことを祈ることしかできないが。


スポンサードサイト





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国MERS(マーズ)症状はさらに悪化!潜伏期間がなぜ長いのか? [韓国MERS情報]

MERS(マーズ)感染の勢いが未だ収まらない。

通常、潜伏期間が最長でも2週間とされているMERS(マーズ)コロナウイルス感染ですが・・

韓国では何故、ここまで感染の拡がりを見せるのでしょうか。

未だ症状が治まらず悪化の一途たどっている原因は何なのでしょうか?


韓国保健福祉部は13日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が新たに12人増え、計138人になったと発表している。

初の4次感染も確認された。

症状が収まらるどころか、感染が拡大している。

さらに感染者のうち1人が死亡し、韓国国内の死者は14人に増えたと報じている。

未だ収まりを見せる気配すら感じない。

いったい何が原因なのか?


スポンサードサイト





キムチがMERSの予防になる!で売り切れの事実


未だMERS感染の収まらない原因の一つでしょうか。

韓国内ではキムチが品薄になっている。

キムチがMERS(マーズ)の免疫力を高めるとメディアが公表したからのようだ。

そんな様子に日本では2chで失笑のコメントが相次いでいる。






普段、食しているのにまだ食べてるのに予防になるの?それならなぜ感染するの?

誰もが疑う「事実」である。

しかし、そのような情報を鵜呑みにしてしまうのが今の韓国の実態のようだ。

MERSが感染した当初も、韓国保健局のトップがマスクは予防にならないと公表した。

ところが翌日にはそのトップがマスクをしていることが発覚し、国民からは一斉に非難されている。

目を疑うような事態が普通に起きているのである。

韓国政府の対応がこのようでは、何をどう信じていいからわからないのは無理もない。

疑心暗鬼に陥っているわけだ。


こうような緊迫した事態でも、国のTOPである朴槿恵大統領は一向に会見を開こうとしない。

病院にメッセージを送っただの、韓国の医療技術は世界一だの言っている場合ではないはずだ。

おそらく会見に出れば、記者から一斉に質問されるだろう。

セウォル号の沈没の時とまったく同じである。


こんあ実態が最長2週間と言われるMERSの潜伏期間を大幅に更新している結果ではないだろうか。

スポンサードサイト






WHOの見解は?


世界保健機関(WHO)と韓国の合同調査団は13日、MERSコロナウイルスの感染拡大に関する調査結果を発表している。

WHOのフクダ事務局長補は「広がりの規模が大きく複雑なため、患者の追加発生が予想される」として、韓国政府に警戒態勢の維持を求めた。

これまでのMERSの感染の潜伏期間が長いことなどの原因をまとめると、

①ウイルスの変異はない。病院以外での感染はない。

②医療陣の大半がMERS感染を予想できず、対応にも慣れていなかった。

③病院の受け入れ体制が不十分。大部屋のため感染処置が最適化できていない。

④見舞客が多く、警戒が薄かった。


今後の対応としては、患者との接触者全員の把握と隔離、旅行禁止の徹底が重要だと訴えているが・・


何も特別のことではない。

当たり前である。


まだまだ時間がかかるようだ。

これを機に二度と同じ過ちを繰り返さないように、教訓として学んでほしいものですが。

果たしてできるであろうか。


スポンサードサイト










東方神起コンサート。なんとしてでも開催したい事情


東方神起の所属事務所であるSMエンターテインメントは、MERS(マーズ)コロナウイルスに対する不安を解消するために対策を講じている言っているが。。

今週末に開催される東方神起の韓国コンサートを前に、現場を訪れるファンの懸念を減らし、安全のために努めることを強調している。

国家レベルでの深刻な状況にも関わらず、東方神起コンサート中止にできない事業がある。

それは、東方神起のメンバーであるユンホの兵役である。

国民皆兵義務(徴兵制)のある韓国では、男性はだれでも数え年で30歳までに軍隊に入隊し、約2年間服務。

東方神起のユンホは現在29歳。

入隊はほぼ間違いないと言われています。

所属事務所のSMエンタテインメントも、「今年中に現役で入隊予定」だと明かしている。

スポンサードサイト






それでも東方神起コンサートは中止にすべき?ーTwitter













行くな!と言っても無理でしょうね。


東方神起コンサートに行かれる皆様。

韓国でマスクしてる人が少ないということはMERS保菌者が感染をバラまいてるということ。

感染すれば帰りに空港で隔離されます。

くれぐでも家族の為、職場の為、なにより東方神起の名誉の為にも、韓国では外出時必ずマスクを徹底し、感染を防いでくださいね。

スポンサードサイト





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国MEARS死者11人 感染経路が拡がる! 全羅北道で初!1人死亡 [韓国MERS情報]

韓国MERSコロナウイルスの感染がさらに拡がりを見せている。

12日、死者が1人増えて合わせて11人となった。

韓国南西部の全羅北道で確認。

全羅北道での感染による死者は初めて、感染地域に拡がっている。

MERS感染経路の特定について詳細は現時点で報じられていない。

尚、MERS感染者は新たに4人増え、計126人になったと発表した。

また、この日の調査で、初の4次感染者の発生が確認されている。



スポンサードサイト





終息どころか、いっこうに感染者は増えている。

この国は、MERSと同時に「嘘」を感染させるつもりのようですね。

韓国のメディアでは「感染者は前日に14人増えたが、この日(12日)は微増にとどまった」などと終息?を演出しているようだ。


パク・クネ(朴槿恵)大統領も対策本部を訪れて職員らを激励している。

感染拡大阻止に向けて最善を尽くす姿勢を示すと言っている相変わらずのパフォーマンスだ。


韓国政府は今週が感染拡大を防ぐための山場だと言っているが、確実に死亡者は増えている。

さらに感染地域も拡がりを見せていると、本当に「山場」を超えるかは疑念を生じる。


この日の調査で、初の4次感染者の発生が確認された。

平沢(ピョンテク)の警察官である119番目の患者(男性、35)は、52番目の患者(女性、54)からウィルス感染したことを保健当局の疫学調査で明らかになったというが。

4次感染という言葉もあまり耳にしない。


何をどうすれば、感染が4次に拡がるのでしょうか?


『4次感染』は韓国起源だー!」でも言いたいのでしょうか。





スポンサードサイト






感染経路一部判明できず。空気感染の可能性は?


韓国保健当局によると、新たに感染が分かった女性(77)について感染経路について記者に説明。

しかし、明確の感染経路が判明できておらず、不安をいっそう募らせる形になった。

新たにMERS感染した女性はソウル南部のサムスンソウル病院の外来を受診。

同病院の救急病棟では集団感染が起きたが、この女性は救急病棟に行っていなかった。

女性が救急病棟近くのトイレを使用した際に、二次感染者と接触した可能性を指摘したが、二人は性別が異なり、トイレで長時間接触した可能性は低いという。


これまで保健当局は、MERS飛沫(ひまつ)感染で広がり、感染者から2メートル以内で密接に接触した場合に伝染すると説明している。

しかし、今回の感染は同病院トイレでの空気感染の可能性あるのではと記者から質問が相次いだ。

その場で明確の説明ができずに否定するのが精一杯だったようだ。


保健当局は、ほかの五人の感染経路についても調査中として明確にしなかった。


これでは対策の施しようもない。



こんな状況で「終息」などとほざいているが、どうやら一番の原因は「嘘」の感染ではないだろうか。


日本に被害が拡がるのだけは御免である。


スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マーズ(MERS)韓国 感染者87人 死者が5人に!朴大統領はもはや笑うしかない? [韓国MERS情報]

韓国 マーズ(MERS)コロナウイルスの感染者が増え続けている。

韓国の保健福祉省は8日、新たに23人の感染が確認されたと発表。

マーズ(MERS)感染者はすでに死亡した6人を含め、87人となった。

その中に16歳の高校生も感染が確認された。
10代での感染は初めて。

ソウル教育庁は近くの小学校や中学校126校に休校を指示している。

この日も続々と報道が流れているが、

この非常事態に朴槿恵(パク・クネ)大統領もMERS治療隔離病床国立医療院も訪問。

しかし、迎えた看護士は防護服を着ているのに関わらず、普段の服装にマスク無しで撮影。

この報道に、「支持率の為のパフォーマンス!?」と韓国国民の怒りのコメントが殺到している。

こうした朴槿恵大統領を含む韓国政府の対応に、国民の怒りは爆発寸前!


朴槿恵(パク・クネ)大統領の手腕が問われるが、実際のところはどうなのでしょうか?


スポンサードサイト






緊迫の状況の中、笑顔で映る朴槿恵大統領の無神経ぶりがヤバイ!



先に述べたように朴大統領は5日にMERS治療隔離病床国立医療院に訪れている。

その様子をメディアが報道しているが、その映像には衝撃的だった。

複数の看護師と会話をしている朴大統領が笑顔を振りまいているではないか。

緊張が走る現場でいったい何が楽しいのか。

信じられない光景だ。

この笑みにはどんな意味をもたらすのか全く理解できないですね。

国民の不安を少しでも落ち着かせるための態度ならば、まるで逆効果だ。

たしかに韓国国内はマーズ(MERS)感染のみならず、あらゆる分野で窮地に立たされている

作年のセウォル号事故事件でも、被害者の親族と話し合いが解決できていない。

さらに、経済を落ち込みようは凄まじい。

そんな矢先のマーズ(MERS)感染騒動だけに、現時点では手の施しようがない。

正直、笑うことしかない心境なのでしょうか。


あまり例えたくないのだが、東日本震災時の菅直人元首相の対応に酷似していると思うのは私だけでしょうか。


ちなみに今月14日から5日間の訪米し、ワシントンやヒューストンを訪問する日程のようだ。


こればっかりは、韓国国民に同情したくもなりますね。


スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国 マーズ(MERS) 1人の症状が治まり退院するも新たに9人が感染! [韓国MERS情報]

韓国マーズで(MERS)コロナウイルスの感染者が増え続けている。

その一方でマーズ感染者の1人の症状が治まり、ウイルス検査でも陰性の結果が出たことから初めて退院した。

しかし、韓国の保健福祉省は6日の報告で、新たに9人の感染が確認されたことを明らかにしている。
これまでの感染者は死亡した4人を含め50人となる。

スポンサードサイト






3次感染者が一日で5人増える衝撃!



マーズMERS)感染で治療を受けていた63歳の女性は発熱などの症状が治まり、2度のウイルス検査で陰性。
5日に退院をした。

ただ、治療についての経緯などは明らかにされていない。

しかし、1人が退院するもののこの日、ソウル市内の有名な大型病院で3次感染者が一日で5人増えたと衝撃的な事実が発覚した。

韓国聯合ニュースによれば、同病院の感染源となったとみられる患者は、30人以上の院内感染が発生した他の病院から外来で訪れていたようだ。

外来を受けに行く際、バスで移動したと報道されているが、何故感染が広がるような移動手段を使ったか理解しがたい。

次から次へとマーズMERS)感染者が増える一方で、信じれない対応や処置も同時に報告される始末。

ちなみに他の病院とは、中部ピョンテク(平沢)の「ピョンテクソンモ(平沢聖母)病院」で、最も多い30人の感染が院内で確認されている。

ようやくですが韓国保健福祉省が5日午前、会見を開き、男性(初の感染者)が入院していた病院の名前を初めて公表した。

初めから報告していれば・・

面子もくそもないよね。


それにしても回復の兆しどころが、活路すら見い出せない。

スポンサードサイト





今更ながら報告をする韓国保健福祉省



この日、韓国保健福祉省は、感染した人の体液から採取したウイルスをアメリカなどの専門機関とともに詳しく分析した結果を報告。

その報告は、中東などで発見されている「MERSコロナウイルス」とほぼ一致だったとのこと。

何を今更報告しているのでしょうか。

唯一の収穫は、ヒトーヒト感染しやすくなるような変異は確認されなかったというが。

その報告は要するに、韓国政府のずさんな対応が招いている結果だと言っているようなものですね。

【関連記事】
韓国のMERSが更に深刻!日本でも報道がされず対応が遅れる理由がヤバイ
MERS マスク での予防効果は期待できるか?韓国3次感染でマスクが品切れ!
韓国マーズ(MERS)症状がヤバイ!空気感染する可能性があると報道される事実


スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国マーズ(MERS)症状がヤバイ!空気感染する可能性があると報道される事実 [韓国MERS情報]

未だ感染ルートが解明されず感染被害が拡大している韓国マーズ(MERS)感染。

ここにきて、また新たな事実がKBSニュースで報道されています。

今まで明らかにされたマーズ感染者の80%は、最初のマーズ患者が入院していた病院で感染と報じられていた。

その実態だが、マーズ患者を見舞いに来た者が1週間後にマーズ感染と思われる症状をが現れたという信じられない事実である。

しかも見舞いに訪れ、滞在されたされる時間は1時間以内という。

空気感染の疑いも出てきているため、事態は更に急変し深刻化している。



スポンサードサイト





KBSニュースでは次のように報じられています。

先月(5月)15日、総合病院。

50代の男性が入院中の母を見舞いにするために、病棟の8階に訪れた。

病気の見舞いに知人の40代の男性も同行。

病室の滞在時間は1時間ほどでした。

当時は同じ階で他の病室に、中東で入国して最初のマーズ感染者とされる60代の男性が高熱と席などで入院した初日でした。

そして、6日後に見舞いに同行した40代の男性がマーズ感染と疑われる症状を示しました。

その2日後に本人も症状が現れました。

そして、マーズに感染していると本日保健当局から確定判定を受けました。

わずか一時間もない短い時間のお見舞いにマーズウィルスが他の病室までに浸透したものです。

この弾性の母親も先月29日、マーズ確定判定を受けました。

保険当局は、最初の患者の入院初日から短時間でウィルスが急速に離れて伝播されたとし緊張が走っている。

引用元:http://goo.gl/UOLbYI


日本国内の空気感染による報道はされていないですが、厚労省の「中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A」での感染状況のレポートでもいくつかの病院で感染していることが確認できる。

すでに病院内はおろか病院外での感染、死亡者も出ていることから空気感染の可能性も否定できません。

おそらく接触感染か飛沫感染と予想されていただけに、もしこの報道が事実であればことは深刻どころか脅威になるでしょうね。

どうなるのでしょうか。


【関連記事】
■MERS マスク での予防効果は期待できるか?韓国3次感染でマスクが品切れ!
■韓国のMERSが更に深刻!日本でも報道がされず対応が遅れる理由がヤバイ!



スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MERS マスク での予防効果は期待できるか?韓国3次感染でマスクが品切れ! [韓国MERS情報]

韓国MERSコロナウィルスの猛威が止まらないですね。

1週間に韓国と日本を数百の飛行機が往復していたため、日本でも感染が広がる可能性はあります。

MERS感染に効果的なワクチンは開発されていないことから、自己防衛や予防するしか手立てがないです。

韓国国内でも、外出を控えたりマスク予防をしているようですがその効果は期待できるのか。

過去のウィルス感染を参考に、効果的な予防策があるか調べてみました。


スポンサードサイト





韓国ではさらにMERS3次感染で一人が死亡。

これまで韓国内での感染は病院内における2次感染で2人が死亡と報じられていた。

しかし、とうとう3次感染で一人が亡くなったことも報道された。

感染者が帰国した際の、同局の対応の怠慢や、その後の韓国政府の対応のまずさが更なる被害を拡大している。

特に感染が発覚した病院名を明かさないなど、理解がしがたい対応で韓国国民からも非難の声が上がっている。

さらに、MERS感染発覚当初に保健福祉相から「MERS予防に必ずしもマスクは必要ない」と発表があった。

しかし、翌日に当の本人がマスクをしていたことが発覚し、ますます不安が広がっている。

信じがたい対応ですが、この件からおそらくマスクで予防は効果的なのでしょうか。

スポンサードサイト





MERSコロナウィルスの感染経路はいまだ解明できていない。

韓国国内での感染は、病院内での医療関係者や他の患者への感染、家庭内での感染と報告されている。

空気感染ではないことは確かのようだ。

MARSコロナウィルスの性質上、飛沫感染が一番リスクが高いと思われます。

飛沫感染とはせきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することです。

したがってマスクでの予防は効果的です。

市販で売られている風邪や花粉症用のマスクでは予防効果は低いかもしれません。

もし、日本国内で感染が広がるようであれば、福島の原発での被曝対策で注目されたN100が必要になるでしょう。

飛沫感染の予防でリスクはかなり軽減されるようです。


実際、日本でもMERS感染が発覚した場合は、厚生省など行政のガイドラインを確認しましょう!


スポンサードサイト




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国のMERSが更に深刻!日本でも報道がされず対応が遅れる理由がヤバイ! [韓国MERS情報]

韓国MEARSウィルス感染者の数が増加しており、日本でもその様子が報道され心配の声があがっている。

以前にもエボラ出血熱はアフリカの地域で流行したもので、日本でも大きく報道されている問題だ。

MEARS感染者が確認された後、死亡者が2人発生し、感染者は35人に達している報じていたがまだまだ拡大している。

韓国政府対応にも遅れを生じ、問題は更に深刻になっている。


スポンサードサイト





MERS病院などの情報の公開しない?韓国政府の方針で混乱が恐怖に



韓国MERS感染の拡大は、あきらかに人災のようだ。

信じられないことに、今回のMERSが感染した地域・病院を韓国政府の方針で未だ開示していないらしい。

その理由は「過度の恐怖心を煽るだけ」と言っているようだ。

さらに「病院が被害を受けるだけ」との言い分も付け加えている。

人名よりも政府や病院のメンツを重んじるということでしょうか。

すでに感染確定者が30人のうち25人が同じ病院で発生しており、その病院は閉鎖した状態らしい。

当然ながら国民はどこの病院でMERSが感染したのかを知りたがっているという。

混乱どころか、恐怖に陥れているのはMERS以上に韓国政府のようだ。

こんな状況ゆえ、日本の報道機関も情報収集が困難で対応に遅れを生じたようだ。


スポンサードサイト





このままではパンデミック(世界的流行)の恐れも!



MERS感染がここまで拡大させたのは、他でもないあ韓国保健局の怠慢らしい。

最初に感染した男性は、5月に中東4カ国の訪問から帰国。

発熱があったため、医師の助言を受け韓国保健局にMERS検査を求めた。

しかし、男性の訪問国がバーレーンだけと確認したため、「MERSの発生国ではない」と判断。

一度は断り、感染確認は2日遅れたと報じられている。

その結果、この男性から少なくとも22人に感染が起きているというわけだ。


さらに、日本にも影響が及んでいることは耳に触れて欲しい。

この男性が利用した韓国・仁川発香港行きの航空機が、消毒されないまま27日まで名古屋や中国・大連などへの運航を続けたと伝えている。

28日に中国・長沙から仁川への飛行を終えた後、消毒が行われたというのだから事は深刻です。


この状況に専門家からパンデミック(世界的流行)に拡がる可能性は少なくないとコメントしている。

幸い、日本では感染の報告はなく、政府からも注意を呼びかけ対応をしているが。

皮肉にもその対応について、韓国国民から「先進国の対応は早い」とコメントされているが・・


日本上陸も時間の問題かもしれない。

スポンサードサイト





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
韓国MERS情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。